×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THINAMP「改」

(注意:改造は自己責任でお願いします)


【スピーカ載せ替え】


薄型で軽量なTHINAMPですが、スピーカの直径が10cmφなんです。
勿論このままでも良いのですが、もう少し大きなスピーカが載せたいと思いました。

早速、秋葉原でダイトー製の16cmφのフルレンジを2個購入しました。
まずは写真を見てください。

これだけ大きさ(振動板面積)が違います。期待出来そうですね!!
ただし、このままでは大きすぎてTHINAMPには入らない為、フレームの周辺を削ります。

ケースの穴は10cmφ用ですので、鋸で広げてスピーカを入れます。


スピーカは外側から取付けます。
(内側からは取付けられません)

スピーカのフレームに放熱器が当たるので、削り取りました。


裏側から見るとこんな感じです。

実は穴を広げるとき、間違って5mmほど大きく切ってしまいました。

スピーカを表から取り付けたので、フロントのグリルは2〜3mmほど前に出ます。

これでもじゅうぶん薄いですよね。

前から見たところです。

内側の黒いネットは取り外しました。「改造してあります」という良い目印になります。(^^)

因みに質量は殆ど変わりませんでした。
実は16cmφスピーカのほうがマグネットが小さかったんです。

早速、鳴らしてみたんですが....
少しだけ音が大きくなって低音が出るかなという程度でした。
しかし「出来る限りのことはやってみた」という満足感があります。

機械弄りは楽しくて、簡単には止められませんよ。(笑)





機材のページへ戻る

ホームページへ戻る