×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

これがハーモスだ!
This is Harmos!


【きっかけ】
それは2004年春のこと....
HSGAの2002年の集まり(イリノイ州ジョリエット)のページを見ていて、 凄い形をしたスティールギターを見つけました。
まるで宇宙ステーションのようなフレームです...。
メーカーはハーモス(Harmos)といい、聞いた事がありません。いったいどんなメーカー?
大いにショックを受けた僕は、早速インターネットで検索してハーモスのサイトを見つけました。
それ以来、僕の頭の中では宇宙ステーションがグルグルと回っていました。(^^;;;;


【そして実行へ】
約1年間貯金を続けた2005年3月、ついに購入の申し込みをしました!!

そして3月23日、ついに到着!!



ギター本体、別に注文したギター専用ケース、スタンドとスタンド収納袋です。


【ギター本体】

さぁ、じっくり観察してみましょう。




カーボンファイバーで作られているフレーム。見た目は宇宙ステーション!
サイドはオイルフィニッシュのコア単板です。
ノブは左からピックアップセレクタ、トーンコントロール、上側にボリュームがあります。


ブリッジとナットはシリコン青銅。いい色ですね。


独特な方式で弦を引っ張ります。


フレットボードの素材はフェノール。貝のインレイがほどこされています。
National-Resophonic Guitarsの特注だそうです。


弦長は24.25インチ(61.6cm)です。一般的には22.5インチ(57.2cm)なので、やや長いスケールですね。
弦間は0.375インチ。
ピックアップはJason Loller社製のP90スタイル。

ヘッドを廃したため、全長が僅か67cmです。


そして僅か2.02Kgという軽さです。
Harmosのサイトでは4.2lbs(1.91Kg)と書かれていますが、 スワンプアッシュ(Swamp Ash)材のような比重の低い木材をサイドに使用したモデル(Honky-tonkモデル)の質量だと思います。
木材の比重はSwamp Ashは約0.42、メイプル(Maple)は約0.58、コア(Koa)は約0.83です。



専用ケース(モダンケースカンパニー製)が2.4Kgです。 ケースの方が重いですね。(笑)


こんな感じで収まります。


軽いから、肩にかけて持ち歩けますよ。(^^)


【専用スタンド(トライポッド)】

トライポッドスタンドはアルミ合金製です。


結構太くて頑丈です。質量は2.6kgです。


バッグは1Kgです。


バッグを、スティールギターのケースに被せると、ほら、こんな感じ。
ギター、スタンド、ケース、バッグ合わせて8kgです。(一般的な8弦シングルネックはケースを含めると15Kgくらいです)



【問題点】

ピックアップはフローティング構造なのですが、斜めになってます。

指で押せば、簡単にまっすぐになりますので、いずれ修正する予定です。



【私はHarmosを選んで良かった】
確かに、無難な選択はFuzzyやCanopusかもしれません。 みんなと同じですから、情報を共有できます。
しかし、「みんなと同じはイヤ!」「とにかく軽く!」もしくは「建築業関連の人」ならば、 ハーモスは選択肢に入れるべきかなと思います。(^^)
私はHarmosを選んで大変満足しています。




スティールギターのページへ戻る

ホームページへ戻る